読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡本のバーサスぶろぐ

スロット、バーサスの攻略ネタ、実践データなどを書いてみるぶろぐ

チェリーと重複する一枚役の考察

ふと思いついたので記事にしてみようかなと

バーサスに一枚役A〜Eと呼ばれてる必ずボーナスと重複する一枚役があるのですが

 

それ以外にボーナスと重複しない一枚役が2種類あります。

 

今回のお話は

黄V/ブランク/丸ベルの一枚役のお話

 

バーサスは子役優先制御といって

ボーナスを揃わせるより、子役を優先的に揃わせる制御になっています、一枚役とボーナスを重複させることで多彩なリーチ目を作り出している台なのですが

 

では、なぜボーナスと重複しないで、しかもチェリーとのみ重複する一枚役があるのかと

 

 

仮にですがREGと重複するチェリーが成立したとして三連Vをビタ押しすると

 

一枚役が無ければ、そのまま滑ってBARまで停止するようになるのです

 

となると。。。

 

BARまで滑って1消灯クロスファイヤーしたり。BARまで滑ってベルハズレでスラッシュ2でボーナス察知!よしっビッグ確定!!なーんて思ってたら

 

え?REG??BIG確定フラッシュ??なんでーーってなりますよね

こんな展開ねバーサスマニアは見たくないんですよ。

 

アクロスがこの一枚役作った理由

REG重複チェリーでフラッシュ矛盾が起きるBARまで滑らないように

左リール、リプレイ/V/Vで止める必要があったんですね。

 

という考察でした

 

ちなみに、単独V上のチェリーを下段にビタすると。ビタ止まりするのでチェリー取りこぼさず。子役優先のため三連引き込まないのよねぇ

 

アクロスすげぇーーーーーーーー

黄V頭にした理由がすごいっ

 

考察が間違えてたりして笑

アクロス社員の皆様、岡本の考え違うなーということでありましたら、是非コメントでご指摘をっ!

 

おわり(^ω^)

 

スポンサーリンク